相続とは

相続とは

HOME >  相続相談  > 相続とは

相続とは?

  • 相続とは

    相続というのは、人が亡くなったときに、その人(被相続人いいます)の財産的な地位を、その人の子や妻など一定の身分関係にある人(相続人といいます)が受け継ぐということです。つまり、相続とは、被相続人に属していた権利義務が、包括して相続人に承継されることをいいます。
    被相続人から相続人に受け継がれる財産のことを、「相続財産」とか、「遺産」と呼びます。 

引継ぐ遺産はなに?

引継ぐ遺産には、土地、建物、現預金のみならず、貸金や売掛金などの
債権も相続の対象になります。また、このようなプラスの財産に限りません。
借金や損害賠償債務といったマイナスの財産も相続されます。
ただし、例外もございます。

相続により承継しないもの